パワハラの影響は大きい

パワハラとはパワーハラスメントの略で職場で上の立場のものが部下に対して高圧的な態度を取ったり理不尽な精神的な苦痛を与えることを指します。
主に上の立場の人間のモラル低下が原因で起こることです。立場の高い人間であれば低い人間に対しては何をしてもいいという考えが根本的にあります。
これは非常に大きな影響を与えるのです。
労働生産性の低下につながります。
パワハラを受けた人間は耐えられなくなり仕事を辞めることも多いのです。そうなると会社は穴埋めのために新しい人間を雇わなければいけません。
しかしまた新人として入ってきた人もパワハラの被害を受けると最終的に会社には熟練した人間が誰もいなくなってしまいます。
長い間残るのは他に就職先のない人間の身になります。
このような人間ばかりの会社では何も生まれないのです。
また社員がいいアイディアを持っていてもパワハラ上司のいる会社ではアイディアを出すことをためらってしまいます。
上司の意見には全て賛成しなければいけないためにイエスマンのみになってしまい、プロジェクトに失敗することもあります。
1人のモラルのない上司のせいで会社の規模が縮小されてしまうこともあるので、会社はパワハラ対策をしなければいけません。

Comments are closed.