セクハラが起こる前に会社がすべきこと

女性が社会進出を果たしたことによって、男女が同じ社内、また、同じ部署で同じ業務に従事することが、どこの企業においても普通になってきました。
この現象は、男女の雇用の均等と言った考え方では、ごく当たり前の事なのですが、同時に、異性が一つの社会で存在する事で起こりうるセクシャルハラスメントと言う問題も、大きな問題となっています。
一般的には男性から女性に対しての行動が問題となる場合が多く、行動する側の意図以上に受け止める側には不快と捉えられる事も多く、不用意な行為が大きな問題となってしまうことも少なく有りません。
このような、セクハラ問題の起こってしまった企業は、社内の軋轢を産み出してしまう場合や、イメージダウンとなってしまうことも有り、企業としても事前に対策を講じておく必要が有るのです。
効果的な対策として考えられている事は、企業としてセクハラを大きな問題として考え、処分の対象として考えるなどの方針を打ち出すことが、重要な事だと言えます。
同時に、セクハラとはどんな行動が対象となるのか、社員全員に対する啓発活動、そして、セクハラと感じられる行動を受けた社員、してしまった社員に対する相談窓口などを設ける事による早目のケアが、大きなセクハラ問題を抑制する事になるのです。

Comments are closed.