セクハラの加害者への対応

多くの人は生活する為にも、仕事をおこない対価として給料を得ているでしょう。仕事をする為に会社に行っているのですが、人と人が集まる会社であれば、さまざまなトラブルに遭遇することもあるのです。そのうちの一つがセクハラでしょう。
セクハラと一言で言ったとしても、さまざまな事があります。例えば、職場の異性に対して結婚の話を聞いたとして、それが相手に不快だと思われたらセクハラになります。加害者の中には悪いことをしたつもりはなく、コミュニケーションのつもりでおこなっていることもあります。これだけのことで、と加害者が言ったとしても、被害者の意見もしっかりと聞く必要はあります。セクハラかどうかの判断は加害者ではなく、被害者の気持ちによるのです。
会社でセクハラが起きた場合、個々の従業員の話だからと放置する会社もあるかもしれません。しかし、会社内でそのようなトラブルがあった場合は、使用者責任に問われることもあるのです。
それは、本来ならば従業員が仕事をしやすいように環境を整えなければいけない会社が、トラブルを知っていて放置していることになり、労働契約上の債務不履行責任を問われることもあり、被害者に損害賠償を請求される可能性もあるのです。
会社側もセクハラの事実を知った場合は、関係者に事実関係を確かめることはもちろんのこと、事実がはっきりしたならば、加害者への対応も考えた方が良いでしょう。
そのようなことになった場合は、弁護士などの法律に詳しい人に相談した方が良いかもしれません。

Comments are closed.