セクハラを受けたら立ち向かおう

職場で、もし性的な行動や言葉などにより嫌がらせを受けた場合には、職場内での争い事を避けたり、職場内から圧力をかけられて、泣き寝入りしてしまう場合が珍しくはありません。しかし、セクハラ加害者と、しっかりと話し合いをするなどしなければ、問題を解決できないばかりか、次の被害者が出てしまう事もあります。セクハラに立ち向かうためには、裁判所や役所などに相談してみると良いです。裁判を起こすには、時間も費用も必要になります。しかし、裁判を起こさなくても、相手と冷静に話し合う場を設けるには、ADRと言う方法があります。このADRと呼ばれる、裁判外紛争解決手続を利用すると、中立の立場にある、専門的な知識を持った人物に、問題について話を聞いてもらえるので、解決に大きく影響を与える事ができます。また、信頼できる人と、問題について話をする中で、理想的な解決方法を導き出す事もできます。職場でのセクハラは、被害者と加害者だけでなく、職場全体の問題でもあるので、できるだけスマートに解決したいですが、泣き寝入りしないためにも、裁判ではなく、中立の立場にある人物に関わってもらえるADRと言う方法がある事を知っておくと良いです。

Comments are closed.