職場トラブル、セクシャルハラスメントの歴史

セクハラとは、セクシャルハラスメントの略で、性的嫌がらせと言う意味で用いられる言葉になります。
1970年代始め頃にアメリカの女性誌で作られた造語で、1986年に裁判でセクシャルハラスメント行為が人権法に違反される性差別と認められ、日本では1980年代半ば以降に使用されるようになり、その後上司を相手にした民事裁判が起こされたことによって、これまで何気なく行われて来た女性に対する行為や発言がこれに当たるとして認識されたのです。
セクシャルハラスメントは、対価型と環境型の二つのタイプに分類されます。
前者は、職場や学校などの立場や同調圧力、階級による上下関係や自身の権限などを利用して、下位にあたる人に対して性的な言動や行為を行い行為のことをいい、後者は他人の容姿や恋人関係に関する噂をしたり、公共の場にヌードやポルノになどの人によって不快感を起こす物の展示や陳列、胸や性器のサイズなどについて聞いたり、飲み会や旅行で酌の強要をしたりするなど環境で性的な嫌がらせをすることをいいます。
男性から女性への行為だけではなく、女性や男性から男性への嫌がらせ行為もセクシャルハラスメントにあたります。
知らない間に加害者になっていたと言うことにならないように、最低限の知識を身につけておくことをおすすめします。

Comments are closed.